noakonのブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS apt-X対応 Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200X

<<   作成日時 : 2014/03/04 12:14   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 0

apt-X対応 Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200X
Bluetoothオーディオトランスミッターとしてのみ使用しテストしましたが,充電しながら使えること,音質がよいこと,音ズレ(遅延)がすくないこと…など性能的な面でも満足が得られました。しかし,たまにペアリング後,音が途切れる現象を確認しました。再度ペアリングを行うことで途切れが改善するケースもありました。ペアリングの仕方については,手順を間違えなければ比較的簡単に設定できるようです。
(SW切替により受信機器としても使用可能ですが今回はテストしていません)
【送信・受信切替スイッチ】
・スイッチにより送信器として使用するか受信機として使用するかを切り替えることができます。
画像

また,BTTC-200-BLK (apt-X非対応 Bluetooth トランスミッター&レシーバー) と BTTC-200X (apt-X対応 Bluetooth トランスミッター&レシーバー )との比較において,注目するのはやはりapt-X対応(BTTC-200X)と対応なし(BTTC-200-BLK )のときの音質です。
しかしこれは,受信するヘッドフォンの性能にもよるため,当方の環境ではあまり目立って音が良くなるという感じはありませんでした。
受信側ヘッドフォンは,apt-X対応 LBT-AVOH03ABKを使用しました。→ Logitec Bluetooth オーバーヘッドホン apt-X対応 LBT-AVOH03ABK
画像

【BTTC-200Xのパッケージ内容】
1. 本体
2. 充電用microUSBケーブル
3. φ3.5mmイヤホンプラグ(オス・オス)
4. φ3.5mm ステレオミニプラグ・延長用オーディオケーブル
5. RCA変換ケーブル(ジーフォーで購入)
6. 英語の取説
7. 日本語の取説(BTTC-200-BLK共通)
注)ACアダプタは付属していません
画像
BTTC-200X のパッケージ内容写真です

注意!参考に:BTTC-200-BLK のパッケージ内容】
1. 本体
2. 充電用microUSBケーブル
3. φ3.5mm ステレオミニプラグ・延長用オーディオケーブル
4. 英語の取説
5. 日本語の取説(BTTC-200X共通)
(φ3.5mmイヤホンプラグ(オス・オス)、RCA変換ケーブルは付属していません)

画像
注意!こちらは,BTTC-200-BLK のパッケージ写真です

【仕様】
・Bluetooth V2.1+EDR 対応プロファイル:A2DP, AVRCP(受信時一時停止のみ)
・使用時間:約8-9時間(ただしapt-X接続時はRXモード受信で約5-6時間)
・充電時間:約2-3時間
・通信距離:見通し約10m
・動作温度0度−40度(寒冷、高温不可)音声遅延の度合いはご使用機器や接続方法により異なります。
・注意:Low latency Version chipsetではありません。
・接続:USB接続不可(USBは充電のみ)。
・音声3.5mmイヤホンジャック経由入出力
・充電方法:附属の充電用のmicroUSBケーブルにて充電(同梱品)
・AC電源アダプターなし
・2011年度 Bluetooth SIG Best of CES Awards 受賞(全米家電協会ブルートゥース部門 最優秀賞)
・1台で送信用と受信用をスイッチで切り替えて使用できます。

【マイナス情報】
無音または音量がかなり小さい時にホワイトノイズ(サァーという音)が聞えます(ある一定以上の音量であれば、ホワイトノイズは音楽にかき消されてほとんど聞えません。)
送信用に使用する場合に(イヤホンジャックからアナログ信号を取り出す場合)テレビやラジオなどの会話と会話の間の無音部分や例えばクラッシク音楽のピアニッシモなどの弱音(小さな音)は電流(電圧)が低いため、正確なデジタル変換処理が出来ず音声を送信できない場合があります。
充電ケーブル接続中のワイヤレス接続は、先にケーブルをつないでから電源をONにしてワイヤレス接続します。(順番があります。)
動作温度0度−40度(寒冷、高温不可)
apt-X接続時はRXモード受信側動作時間約5-6時間と短くなります。

【商品説明】
apt-Xコーデックにより透明感のあるクリア音質で伝送を実現。送受信両用タイプ
1.送信用はBluetooth非対応のオーディオ機器などの3.5mmステレオ端子に本品附属3.5mmプラグ(オスxオス)を差込んでつなぎ、音声・音楽をワイヤレスで送信します。(A2DP対応の受信用ヘッドホン要)
2.受信はBluetooth対応のスマホなどの音楽をワイヤレス受信し、お手持ちのイヤホンを本品につなぎ音楽を聴いたり、ステレオコンポやカーステなどの入力端子(3.5mmステレオまたはRCA音声ジャック)につないでスマホの音楽を操作してスピーカー出力も可能。(オーディオAUX入力端子の形状をご確認ください。)
3.また本品2個で、送信用と受信用で簡単にワイヤレス環境の構築ができます。

【その他説明】
■apt-X codecは高品位な伝送技術で、CD音源並みのクリアな高音質伝送を実現します。音声遅延の度合いはご使用機器により異なります。なお本品はLow Latency Version チップではありません。
■apt-Xコーデック: 相互がapt-X対応機の時に自動でapt-X通信となります。(本品は送信・受信のいずれもapt-X通信対応)
■テレビ接続の場合バックミュージックがない(音響効果がない)番組などの無音部分はワイヤレス送信されません。
■音量調整機能はないため音源機器にて音量調整をお願いします。
■AVRCPは受信使用時に一時停止・再生のみとなります。
■USBポート経由の通信は不可(USBケーブルは充電のみ)。
■PC音源はイヤホンジャック出力(インストール不要不可)なお充電ケーブル接続中のワイヤレス接続は先にケーブルをつないでから電源をONにしてワイヤレス接続してください。

画像


★ブログBluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200-BLKも参照してください。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
apt-X対応 Bluetooth トランスミッター&レシーバー BTTC-200X noakonのブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる